「カラスのお灸」
2019年03月15日 (金) | 編集 |

歯医者で口を開けるのが憂鬱

・・唇の端っこが切れる口角炎 “カラスのお灸”
暫く前から、何故か週末になると出来てしまうようになった

専門的には、ビタミンB2やB6の欠乏とか、
消化器系の障害や、発熱に伴う免疫力の低下が原因らしい。

俗説では、“行儀が悪いトリ” の代表格とされるカラスが、
行儀が悪い子供や、偏食の子供に “仲間” の印を付けるのだとか

免疫力は大丈夫そうだし、
キチンと食事も摂っているつもりなのだけれど

他に、カラスは “夜更かし” “深酒” にお灸を据えるとの俗説も。
あ、それだ・・・・、汗


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック