「ユニバーサルデザイン」
2018年12月13日 (木) | 編集 |

あれ、五円玉って

・・2020年のオリパラに向けて、先日発表された “ピクトグラム”
外国人訪日客が一目見て分かるように、工夫を凝らした簡単な図形。

言葉が分からない方々、文化や風習が違う方々が困らないように、
ユニバーサルデザインを考案するのはなかなか難しいこと

今や世界中で当たり前、旅行先で頼りになる “ピクトグラム”、
初めてお目見えしたのは、1964年の東京五輪だったとのこと

現在のトイレマーク、男女のシルエット姿は世界標準になったけれど、
当時はデザインの専門家が3か月間、試行錯誤の末に生み出したもの。
“犬が片足を上げる図形” や “とぐろ巻きの図形” も候補だったとか

客人を大切に思いやるのは “お・も・て・な・し”、日本の美徳

と、手元の小銭を見て気が付いた。
紙幣や硬貨のなかで、唯一、五円玉だけ “アラビア数字” の記載が無い
漢字が分からない方々は大丈夫かな、
頻繁に使う硬貨じゃないし、キャッシュレス化も進んでいるので大丈夫かな。

でも、五円玉だけ仲間外れ、何故だろう・・・・??


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック