「デメリット」
2018年10月22日 (月) | 編集 |

売る側の理屈

・・日本マイクロソフト社によれば、
4年以上経過したPCは、故障率や動作の遅延など、デメリットが多いらしい。

4年未満のPC1台あたりのコストは、
メンテコスト$322+生産性コスト(動作遅延)$1056=$1379(約15万円)

4年以上のPC1台あたりのコストは、
メンテコスト$497+生産性コスト(動作遅延)$2574=$3071(約35万円)

4年以上のPCを使うなら、
差額の20万円で最新のPCに買い替えるのがおススメ、との理屈

なるほど・・・・、ん?

差額でPCを買い替えたら、トータルコストは結局同じ、
頻繁に引越する分、ユーザーの苦労が増えるのでは(-“-)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック