「数え方」
2018年10月12日 (金) | 編集 |

ウサギ、追いし・・・・

・・ウサギの数え方は一羽、二羽。
哺乳類のなかで、何故かウサギだけが鳥類の数え方

由来は大きく三つあるようで、

獣の肉を食べることが禁じられていた時代に、
二本足で立つウサギを “鳥だ” とこじつけて食した習慣から。

同じ時代、
鵜(ウ)と鷺(サギ)で “鳥だ” とこじつけて食した習慣から。

また、獲物のウサギは、耳を束ねて掴んだため、
一把(いちわ)、二把(にわ)と数えた習慣が “羽” に転じて。

いずれにしても、食べられることが前提だったウサギ君・・・・🐰
数え方に秘められた、何だか可哀想な歴史

そう言えば、諺の “二兎を追うものは一兎をも得ず”。
“一兎” なら問題ない、とタカを括られているところも可哀想
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック