「さよなら・・・・、夏の日」
2018年09月03日 (月) | 編集 |

また凄い台風、被害がありませんように

・・人影がまばらな週末の公園。
曇天ながら、少し体を動かすだけでジトッとする蒸し暑さ

流石に朝晩は涼しくなったけれど、
30℃を超える日中の公園はまだ十分に暑い

思えば、観測史上初めて六月に梅雨明けしてから足掛け四か月。
平成最後の夏は、どこまでも長い。

それでも、蝉の声はコオロギの声に変わって、
稲の穂は金色絨毯に、銀杏の木には黄色の実が鈴なりに。

猛暑の年は厳冬と言われる。
小さい秋見つけた、と思ったら、あっという間に冬将軍の到来かも


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック