「インターフェイス」
2018年08月09日 (木) | 編集 |

オプションで四次元ポケット付き

・・普段当たり前に使っているキーボード
パソコンのインターフェイスに、これを発明した人って凄いと思う。

でも、どうしてアルファベットや記号がバラバラなんだろう。
調べてみると、キーボードの歴史はタイプライターまで遡る

一見バラバラに見える標準的なキーボード、
1873年に、米国のレミントン社が商品化したタイプライターが原型で、
一列目に並んだアルファベットから、“QWERTYキーボード” と呼ばれる。

何故 “QWERTY” 配列になったかは諸説あるようで、
セールスマンが ”TYPEWRITER” と実演し易いように、一列目に並べたとか

ところで、機械と人間とのインターフェイス
タッチパネルや音声入力が急速に普及して、進化の過渡期にあるらしい。

専門家のお話によれば、
究極のインターフェイスは、“高度にヒト化されたAIロボット” とのこと。
機械を意識することなく意志疎通でき、あらゆるサポートを提供する

それって・・・・、“ド〇えもん”だぁ(@_@)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック