「恐怖の」
2019年07月17日 (水) | 編集 |

真夏の怪談には少し早いけれど

・・何故だか少し早く目覚めた朝、
台所からは朝の支度をするトントンという音。

普段と違う奇妙な気配、
怪し気な液体の鍋に、ぐにゃりとした物体。

母親の背中に、恐る恐る尋ねる、

何を作ってるの・・・・。
きょう、ふの、味噌汁だよ・・・・。

お馴染み “恐怖の味噌汁” を思い出したのは、
ここ最近 “恐怖のK” 問題が再燃しているので・・・・

海外ご公務の中、LAで空白の一夜が取り沙汰されて、
何て奇怪、何てしつこいんだろうと思うあの人

国家間の約束も守らずに、企業賠償やら輸出管理の文句やら、
何て奇怪、何てしつこいんだろうと思うあの国

どちらも味噌汁のように、
笑えるオチで、サクッと片付いたらいいのに・・・・(-“-)