「フライング」
2019年07月03日 (水) | 編集 |

1/1000秒の闘い

・・先日、世界陸上の選考を兼ねて行われた日本選手権

男子100m & 200mでサニブラウン選手が実力を発揮した一方で、
男子110m障害で日本記録保持者の金井選手がフライングで失格に。

知らなかったのだけれど、
ピストル音から0.1秒以内に反応したらフライングになるらしい

スターティングブロックには圧力センサーが付いていて、
選手の反応は厳しく計測されている

金井選手の反応時間は ”0.099秒”
0.1秒のルールより ”0.001秒” 早く動いてしまったので失格とのこと

人間は、音を聞いてから動くまでに最低0.1秒を要するとの
医学的根拠があり、これより早いと見切り発進と見なされる。

でも、0.001秒早いから失格って・・・・。
天性の反応速度を持った選手だっていないとは限らないし

因みに、“On your mark,・・・・Get set,・・・・Bang !(位置について、よ~いドン)”
ピストルのタイミングは、スターターによって1.2~1.8秒と色々らしい

0.001秒のフライングをゴチャゴチャ言うのなら、
スターターのばらつきも何とかしないと選手が可哀想なのでは

いつまでも人間がピストルを鳴らすのは止めにして、
F1レースのようなシグナル機器を導入すればいいと思うのだけれど・・・・