「火消し」
2019年06月12日 (水) | 編集 |

乱筆乱文、失礼いたします

・・マンハッタンの高層ビルでヘリが墜落炎上との一報
思わず9.11の衝撃的な映像が頭の中でフラッシュバック。

操縦士は亡くなられたけれど、
搭乗者やビル内に怪我人が出なかったのが不幸中の幸い。

多分今でも心的外傷を抱えて暮らすニューヨーク市民は、
テロの可能性を否定する当局の声明に、どれほど安堵しただろう。

一方で、

2,000万円の要否を巡って、火消しに躍起な先生方
担当大臣は、表現が不適切として報告書を受け取らないらしい

不都合な話に蓋をしたいのは分かるけれど、
火の無い所に煙は立たない、皆、当の昔に気付いています。

火事と喧嘩は江戸の華、は昔の話。
火種が絶えない某制度、
大火事になる前に、国民が安堵できる舵取りをお願い致します