「ターンランプ」
2018年11月27日 (火) | 編集 |

吊り目だと怒り顔、垂れ目だと泣き顔に

・・最近よく見掛ける “流れる ”ターンランプ。

正式名称はシーケンシャルウィンカー、
2014年の道路交通法改正で方向指示器への利用が可能になった。

LEDランプを内側から外側へ順に点灯させることで、
光が流れながら動いているように見せる、お洒落な装備。

自分的には、これを “流し目” と呼んでいる。
何となく、“アタリつき自動販売機” に見えることも^^;

そのうち、ブレーキランプも派手になったりして。
渦巻き状にグルグル光ったら、催眠術にかかりそう・・・・(@_@;)