「家族サービス」(参拾壱)どっか連れてって、2013。
2013年07月26日 (金) | 編集 |
毎年夏の恒例行事である

・・いつもの連れてって光線が、今年は実家から飛び出した。
話を聞くと、どうやら箱根観光に行きたいらしい。
昨年、金婚式のお祝いが何だかんだで流れてしまったので、希望を叶えてやりたいが、
高齢故に電車を乗り継ぐ移動は大変だろうし、車だと首都高を越えて行くのは少々面倒。
温泉ならということで、日光・鬼怒川方面の旅行を提案することに。

早速ネットで温泉ホテルを探すが、夏休みの週末は既にどこも満室状態。
週末は諦めて、平日になんとか休暇を取ることに。
二年前に訪れた大江戸温泉日光霧降ホテルは、同じ所じゃ面白くないと家内が却下。
子供が走り回っても目立たないファミリー向けの大型観光ホテルで、
子供が好き嫌いが多いので食事はビュッフェスタイルで、
高齢者や子供連れに優しいホテルを口コミで探して、鬼怒川温泉ホテルを予約した。

親子三世代5人プラス荷物を載せて、片道4時間余りの道中は少々窮屈だけれど、
父母が高齢故、無理をせずにのんびり、休み休み、無事に楽しい旅行になるといいな。
(「家族サービス」参拾弐につづく)