「蝉」
2011年07月26日 (火) | 編集 |
早朝に地面から出てきた脱皮前のセミにじゃれていたら、旦那にひどく怒られた。
武士の情け、慈しむ心、を懇々と諭されたのである

・・今年は随分早めに梅雨が明けてしまったので、家内に言われるまで気がつかなかった。
連日の猛暑なのに、そういえばセミの声が少ない。
ようやく先週辺りからまばらに聞こえ始めてはいるが、
あまりに早い猛暑の到来に、地中のセミも流石に慌てたのではないだろうか。

地上に出てからのセミの寿命はほぼ決まっている。
あまり早く出てきてしまうと、晩夏の頃にはセミの鳴き声がしないなんてことも・・・・。
ほんの些細なことだけれど、今年は普段との違いが微妙に身に迫る夏である。