「女子ドイツW杯」決勝、日本2-2米国、PK、優勝!
2011年07月19日 (火) | 編集 |
日本中が朝から凄かったのである、凄いことが起きたので凄かったのである

・・日本のサッカー史に、遂に、W杯優勝の文字が刻まれた
幾多の困難を乗り越えた彼女達とスタッフ一同に、拍手と賛辞と感謝の気持を送りたい。

フィジカルもテクニックもスピードも、決勝戦の米国はそれまでとは別のチームだった。
日本が過去に二十四回対戦して一度も勝てない強い米国だった。
その米国が、キックオフ早々から試合を決めにきた、圧倒的な優位を確信してのことだろう。
前半こそ無得点に終わったが、米国の優勢は誰の目にも明らかだった。
それでも後半半ばに得点を挙げ、米国は勝利を確信したのに違いない。

でも、なでしこは誰も諦めていなかった、サッカーの女神は二度彼女たちに微笑んだ。
後半に宮間の同点ゴール、延長後半に澤の同点ゴール。
米国はさながらホセ・メンドーサのような精神状態だったに違いない。
先制しては追いつかれ、圧倒するはずの試合でPKにまで持ち込まれた。
海堀の好セーブもあったが、PK戦に突入した時点で既に勝負はあったように見えた。
輪になって笑顔でPKに望んだなでしこと、追い込まれて強張った表情の米国。
なでしこの“折れない心”が、米国の圧倒的なサッカーを遂に捉えた瞬間だった。

早朝から素晴らしい戦いを見せてもらった、ライブと録画で二回も見てしまった。
大会MVPの澤姉貴は流石に凄い。この日の同点ゴールも、彼女のサッカー人生も。
注目は澤姉貴にいきがちだが、宮間兄貴(爆)と岩清水姉貴の活躍を忘れてはいけない。
宮間兄貴の一点目、二点目アシスト、PK一人目としての仕事、実にオトコマエである
岩清水姉貴は、延長終了間際の米国の勝ち越しゴールを身を捨てて未然に防いだ

なでしこの身上はパスサッカーだが、強豪国相手の真の武器は“折れない心”。
W杯で頂点を極めたことで、名実ともに強豪国の仲間入りをしたが、
これからはアジアや世界の強豪国がなでしこを研究し、挑戦を受ける立場になる。
なでしこのパスサッカーだけ見れば、強豪国相手にはまだまだ非力である。
大きな歴史を刻んだ今、日本女子サッカー界の一層のレベルアップに期待したいと思う。

最高の舞台で、最高の相手に、最高の試合をした、最高ななでしこ選手に、もう一度拍手!!

追伸:永里選手、ご結婚おめでとうございます、益々のご活躍を!