「女子ドイツW杯」準決勝、日本3-1スウェーデン、快勝
2011年07月14日 (木) | 編集 |
・・やはり彼女達は“平成版東洋の魔女”である。
あれだけの体格差がありながら、持ち前のパスサッカーで相手に試合をさせなかった。

前半早々、両者とも先制点が欲しい時間に、パスミスから失点してどうなるかと思ったが、
そこは百戦錬磨の澤姉貴、後半早々に自らのミスを取り返したのは立派

また初先発の川澄選手の活躍が光った
二得点もあるが、彼女が前線の至る所に顔を出してボールが収まるため、
両サイドバックが高い位置で攻撃に絡むことができた、ほぼ両サイドを制圧していた。
鮫島選手が活き活きと笑顔でプレーしているのを見て嬉しくなった。

残るは決勝、相手はアメリカである。
世界一の実力を持ち、日本を良く知っている。
しかし、試合後の日本選手は、メダルが確定したことよりも、
“決勝でアメリカを倒す”という気合が既に表情や言葉の端々に表れていた。
簡単ではないだろうが、日本の精一杯のサッカーを見せて欲しいと思う。
日本サッカーの歴史に、男女通じて始めてW杯優勝の文字が刻まれることを夢見て。