「家庭用ゲーム機」(弐十八)サカつく3、二十八年目にして大不況。
2011年07月13日 (水) | 編集 |
世の中の不景気は、ゲームの世界にまで蔓延しつつあるのである

・・チーム富良野は二十八年目に突入、富良野市は大不況の到来である(汗)
資金三千二百億、ミクレス監督、4-4-2 1V、戦術はサイド。

FWD:エレ(36,神)、阿見(26,屈指) 控え:中山(37,屈指)、グラーフ(21,ミラノ)、原田(18,未留)
OMF:ソクラウス(26,神) 控え:フォーリット(36,神)、北山(22,ポルト)
SMF:小野(29,神)、海堂(37,神) 控え:伊東輝(24,完全)、立浪(35,屈指)、新井場(19,未留)
DMF:ファルク(26,屈指) 控え:阿部(21,フルハム)
SDF:松本(27,屈指)、御厨(36,屈指)
CDF:邑久村(30,屈指)、長尾(25,屈指) 控え:星野(37,屈指)、松田(20,フルハム)
GK:河本(30,屈指) 控え:佐和(37,屈指)、息子(22,完全)、喜山(19,未留)

作夏、転生した新井場(18)をガンバから獲得。
システムの都合上、伊東をSMFで使っているがフルハムに出したせいか能力が伸びない。
新井場の留学が済むまでは、当面は海堂と併用することに。

早熟のGK河本の後任に、年初の新人リストで喜山(19)を獲得。
しかしGKが四人は多すぎる、佐和がなかなか引退してくれないのである。

単年度契約のフォーリット、立浪、星野、佐和は昨年末も引退を切り出してくれない。
契約更改はエレと御厨を含めた六人で合計百二十億円もの巨額になった。
経済は大不況だし、年間の利益を吹き飛ばしてしまうほどの赤字債券と化している。
特にフォーリットと立浪は、“タイトルを獲ったから”と大幅増額を要求してくる(泣)
一度も試合に出していないのに・・・・。

大不況の富良野市だが、人口は五百万人にまで膨張、窓の景色がまた変わった。
国際スポーツ都市になって、知名度もあがり、なんたらいう中国の有名料理人がやってきた。
なんの効果も無いようだけど(爆)
(「家庭用ゲーム機」(弐十九)につづく)