「文庫本」
2018年05月23日 (水) | 編集 |

時間つぶしの立ち読みも、またニッポンの文化

・・卸業者の倒産の煽りで、一年前に閉店してしまった老舗の書店
先日、通りかかったら、ひっそりと再開していて嬉しい驚き

店内の棚は、まだまだ空きが目立っていたり、
営業は、平日の昼間だけ、など細々だけれど、
何十年も地元に愛されてきた書店の復活はとても嬉しい^^*

店内に入ると、本屋さん独特の香りが。
単行本の棚は、真新しいインクの匂い。
文庫本の棚は、ちょっと年月を経た紙の不思議な匂い、癒され空間。

文庫本は、普及を目的にした小型・携帯用の廉価な再販本。
欧米だとペーパーバックがあるけれど、大きくて厚くてパルプ感が満載。
欧米の方が文庫本を見ると、口を揃えて素晴らしいと言われる。
コンパクトにキチンと作られた文庫本、目立たないけれど日本独自の文化

最近は、電車で文庫本を開いている人を見かけることが少なくなった。
スマホに忙しかったり、電子書籍の方が便利だったり。

本屋さんの栞や紙カバー、ページをめくる楽しみ、
文庫本の文化、これからも無くならないといいな


 「船を編む」
2017年10月30日 (月) | 編集 |
言葉の海、
誰かと繋がりたくて、広大な海から言葉を探す人達に捧げる船、
辞書の編纂とは船を編むこと 

・・岩波書店が、広辞苑を約10年ぶりに改訂するとのこと。

第6版で見送られた言葉や、新たに収集された言葉から一万項目を追加し、
近年は使われなくなった言葉を削除して、
計25万項目の“日本語として定着した言葉”が収録される。

広辞苑の原形は、1935年に博文館から刊行された“辞苑”に遡る

第二次世界大戦下で、改訂編集資料の焼失危機や、出版社の紆余曲折を経て、
1955年に岩波書店から、広辞苑に名を変えた初版が刊行されるに至った。
辞苑の改訂作業開始から20年もの年月を経てのこと。

戦前・戦後の激動の変化は勿論、時々の社会情勢と文化を反映するために、
これまで、どれだけ多くの人達が、精魂を傾け続けてきたことだろう。

厚さ8cm、重さ2.5kgの“巨大な”国語辞典は、
その見掛け以上に、日本人にとって重く、大切な存在なのだと改めて思う。


 「記憶の中の小説」(参)閉店。
2016年03月02日 (水) | 編集 |
時代の流れとは言え、寂しいものである

・・古くからの本屋さんが惜しまれつつ閉店、とのこと
仕入れ先業者が廃業してしまい、営業を続けるのが困難になってしまったようだ。
つくばに移り住んで以来、本屋さんと言えばこのお店。
休日など時間があれば朝から晩まで立ち読みに耽っていた場所。
老若男女の本好きがたむろする光景、本屋さん独特の紙とインクの匂い。
電車の中でもスマホばかりで、文庫本を手にする人がほとんどいなくなった昨今、
アナログな文化が姿を消してゆくのは残念でならない
(「記憶の中の小説」四につづく)


 「記憶の中の小説」(弐)長いお別れ。
2014年06月04日 (水) | 編集 |
最近めっきり読書の習慣が無くなった旦那の書棚は、ほぼ倉庫と化している

・・家内曰く、NHKのドラマ“ロング・グッドバイ”がなかなか面白かったとのこと。
自分は第一話の冒頭だけ視て、舞台設定の違和感から視ていなかったのだけど。
お薦めならば再放送の機会にでも視てみようかな、という気になった。

チャンドラーのフィリップ・マーロウ。
“さらば愛しき女よ”“かわいい女”それから“長いお別れ”。
スピレインのマイク・ハマー。
“裁くのは俺だ”
学生時代に一時期、古典的ハードボイルドな探偵小説に嵌ったことがあった。
喫煙の契機は、間違いなく彼等の咥えタバコである

読書の趣味は、固茹で卵から、やがて古典的探偵小説へ。
クリスティのエルキュール・ポアロとミス・マープル、それからエラリー・クイーン。
時間だけは有り余っていた時代で、憑かれたようにほとんど読破したことも懐かしい。
今度の休みに、すっかり埃を被った書棚の整理でもしてみようか。
(「記憶の中の小説」参につづく)


 「記憶の中の小説」(壱)アトランティスのこころ。
2011年02月10日 (木) | 編集 |
テレビのリモコンとマウスばかり手にしているかと思えば、
旦那の部屋は新旧折々の文庫本が積まれていたりする、一体いつ読んでいるのやら

・・心に残る小説と、脳裏に焼き付く小説がある。
スティーブンキングの“アトランティスのこころ”は、自分にとって後者である。

スティーブンキングは、日常に潜む不思議や恐怖の描写が上手なストーリーテラーである。
アトランティスのこころは、彼が五十二歳のときに書かれた長編小説。
キャリー、シャイニング、ファイアスターターのように、ホラーらしいホラーではなく、
ショーシャンクの空に、グリーンマイルのように、心を締め付けられるモノガタリである。

第二次世界大戦後のアメリカがアメリカらしかった時代。
ピースマークに象徴される反戦運動、彼らが掲げた理想と失墜、限りない挫折と喪失。
主人公ボビーの幼年期から晩年までの生涯が、切なくも痛々しいエピソードと共に語られる。

読み終えた後、感情移入が過ぎて、喪失感がトラウマとなって脳裏に焼きついた小説である。
谷崎潤一郎の“痴人の愛”や、夏目漱石の“こころ”、もまた然り
再び手にとることが切ない、が、決して記憶から消え去ることもない、そんな小説である。
(「記憶の中の小説」(弍)につづく)