「炎天下」
2019年08月07日 (水) | 編集 |

眩しさや 土にしみ入る 汗と声

・・炎天下の部活動が今日も賑やか
自宅が校庭に隣接しているので、部活の様子がよく見える。

すぐ側に、テニス部とハンドボール部。
その向こうに、野球部とサッカー部、試合中かな

ブラック部活が問題になって以来、
練習時間や活動日が規制されて、部活動は随分ホワイトに。

自分達の頃は、足腰を鍛える為にうさぎ跳び、
根性を養う為に水を飲まない等々、ブラックが当然だったなぁ

部活動に励む生徒たちは、みな日焼けして黒い。
健康的な黒(ブラック)はとても眩しい、頑張れ、ファイト!


 「雹(ヒョウ)」
2019年08月01日 (木) | 編集 |

感謝感激雨アラレ、でもヒョウはイヤ

・・梅雨が明けてから連日の猛暑続き
TVの気象予報では、毎日のように注意喚起が繰り返される。

~今日も厳しい暑さが続きます。午後は大気の状態が不安定ですので
局所的な天気の急変、落雷や突風、ヒョウや竜巻にご注意ください~

天気の急変、落雷や突風は何となく気配がしそうだけれど、
突然のヒョウと竜巻は、注意しようが無い気が・・・・

日本は結構なヒョウの国、ヒョウは居ないけれど(←失礼m(__)m)

大正2年に埼玉県で降ったヒョウは、
直径29.6cm、重さ3.4kgの “カボチャ大” で、世界最大と言われている

2000年5月には、群馬・茨城・千葉にかけて “ミカン大” のヒョウ
負傷者160人、農作物60億円、建物4万5千棟、自動車3万3千台の被害。

ヒョウの落下速度は、
直径10mmで時速50km、直径50mmなら時速100kmを超える

”野球ボール大”なら時速150kmオーバーとのこと
田中投手や大谷投手の球が無数に飛んでくる、って何かの罰ゲームかと


 「にらめっこ」
2019年07月26日 (金) | 編集 |

雨男の憂鬱

・・ここ数日、気象協会の10日間天気予報と睨めっこ

近々、東北方面のぶらぶら計画があるのだけれど、
昨日見たら曇り時々晴れ、
今朝見たら曇り時々雨・・・・

山の天気はさらに変わり易いし、予想も難しい。
宿のキャンセル料発生のタイミングにも注意しないと

梅雨明け直後の安定した晴天なら最高なのだけれど。
そんな時に限って、狙ったかの如く台風に好かれてしまう雨男

うわぁ、台風の卵か近寄って来た・・・・
 

 「地震・雷・火事・云々」(八拾参)和名の台風。
2019年07月23日 (火) | 編集 |

“オオカミ座” が無いのは信じて貰えないから、かな

・・九州に大雨を降らせて、台風5号が通過
台風には、予め定められた140個の名前が順番に付けられる。

140個の名前を定めたのは、アジアに米国を加えた台風委員会。
14ヶ国が10個ずつ、思い思いの名前を登録している。

日本が登録している10個は、いずれも星座から取ったもの
昨年は “ヤギ” と “ウザギ” が発生した。

1年に発生する台風の数は、平均25~26個なので、
和名の台風は、1年に2つほど誕生することになる。

今年誕生しそうなのは “カジキ” と “カンムリ
“ヤギ” や “ウサギ” に比べるとインパクトが弱いかなぁ

勿論、台風のインパクトは弱い方が有難いのだけれど・・・・


 「地震・雷・火事・云々」(八拾弐)線状降水帯。
2019年07月02日 (火) | 編集 |

避難に勝る防災なし

・・九州南部の大雨、大きな被害がありませんように。

今年もまた、線状降水帯による記録的な大雨。
記録的という言葉が日常化している気がする。

国と自治体は、住民への防災情報として警戒レベルを新設。
警戒レベル3で高齢者等は避難!
警戒レベル4で全員避難!

政府が今回、強いメッセージを新設した背景には、
過去の様々な注意報や警報が、避難行動に繋がらなかった経験と、

穿った見方をすれば、
あとは避難するもしないも自己責任ですよ、という本音も。

いずれにしても、自分の身は自分で守ることが鉄則。
浸水・氾濫・土砂崩れの危険を感じたら、逃げることが大事。

今、そしてこれから大雨が予想される地域の方々、
上手に避難されて、どうかご無事でありますように。