「サトイモ」
2018年11月19日 (月) | 編集 |

苦労もまた、美味しさのうち

・・里芋の美味しい季節、里芋の皮剥きの助っ人に。

綺麗な薔薇には棘があり、美味しいモノにもトゲがある。
手が無性に痒いけれど、我慢、我慢

我が家では、昆布出汁で含め煮して常備菜に。
そのままでも十分に美味しいのだけれど、もうひと手間

表面に片栗粉をまぶしてフライパンで揚げ焼き。
こんがりキツネ色になったら、塩を振って熱々のうちにパクリ。

外はカリカリ、中はネットリのハーモニー^^#

お酒が進んで、パクパクっと完食。
と、皮剥き中に無意識に擦ったのか、目が痒い・・・・(=_=)


 「マウス」
2018年11月16日 (金) | 編集 |

我が家のデスクトップはMouse製

・・長年愛用していたBuffalo製のマウスが故障。
Windows上で認識はするものの、ポインタが表示されない

裏面の赤い光が点灯しないので、内部基盤の接触不良かな。
5年以上は働いてくれたので、これも寿命かと

パソコンに付属してきた標準マウスはイマイチ馴染まないので、
新たな相棒をネットでポチることに

自分: マウス、壊れたみたいだ。
家内: この前買い換えたばかりじゃない。

自分: いや、パソコンのmouseじゃなくて、マウス。
家内: あぁ、可愛い方のマウスね。マウスのマウスって紛らわしいわね。

自分: え~と、壊れたマウスはmouseじゃなくてバッファロー。
家内: え~と、いったい何が壊れたの?
自分: え~と、アハハハ・・・・汗


 「郵便受け」
2018年11月15日 (木) | 編集 |

ネコポス、ってネコナベみたいな響き

・・郵便受けを開けると、中が凄いことになっている時が

原因は、やや厚手の封筒類。
段ボールと違って柔らかいので、無理矢理押し込まれた様子

集合住宅の郵便受けは、スペースの都合で容量が小さめ。
通販全盛の昨今、宅配ボックスも空きがない場合が多い。

再配達していただく苦労を思えば、
ギュウギュウ詰め込まれるのも、ある程度は仕方が無いのかも

因みに、郵便屋さんが配達物を入れる投函口、
長方形の赤箱だった時代はゆったり大きかった。

郵便受けのデザインや寸法が自由化されてからは、
セキュリティ上の配慮から、他人が手を入れないよう小さくなる一方とか。

昔は、治安を気にせず、玄関の鍵さえ閉めずに生活していたような
郵送や宅配で暮らしが便利になる反面、世の中は物騒に・・・・。

文字とは裏腹に、災害・事故・事件が多かった “平成” もあと半年。
次の時代はどうか平穏・平和でありますようにm(__)m


 「冬毛」
2018年11月14日 (水) | 編集 |

癒し癒され

・・出勤時、玄関を出ると、ポーチの外にご近所ネコさん。

タイミングを計るかのようにちょこんと待機。
コロンとお腹を見せて、“にゃあ(構って~)♪”

時間がないんだけれど、両手が塞がっているんだけれど、
おねだりに負けて、暫しお付き合い、“コチョコチョ~♪”

おや、随分と毛がフサフサに。
朝晩は寒くなったし、もう冬毛だね~。

ネコさんのフサフサに、深まる秋を感じる今日この頃~^^*


 「活き活き」
2018年11月13日 (火) | 編集 |

“どんと来い超常現象”、本当に出版されていたとは(汗)

・・ドラマを観ていて思う。
面白さの基準は人それぞれ、ジャンルや好みも人それぞれだけれど、

面白いドラマって、製作陣の活き活きした楽しい様子が目に浮かぶ。
活き活きを通り越して、羽目を外し過ぎると寒い感じになるけれど

その昔、”〇リック” というドラマ、
TVシリーズ3本、映画4本と、大ヒットしたシリーズだけれど、
第1シリーズは予算を3,000万円もオーバー、会社は倒産の窮地だったとか。

大赤字の原因は、コストが嵩む大量の屋外ロケ
堤監督と製作陣が、つい無邪気にロケに没頭し過ぎたらしい。
結果オーライだったけれど、何て無茶苦茶な、でも楽しそう^^;

今期の某町工場のドラマ、佃社長恒例のボーリングのシーン。
〇部寛さんの隣で、もし〇間由紀恵さんが投げていたら、と楽しい想像^^*

大企業の嫌がらせも、“全部まるっとお見通しだ!” で解決かも~ヽ(^o^)丿