「おでんやさん」
2017年10月19日 (木) | 編集 |

ストーブの大鍋で竹串がグツグツ、真っ黒おつゆが滲み滲みアツアツ

・・夕食におでんをリクエストしたところ、敢え無く却下
家内にとって、おでんは“おかず”じゃなく、お酒の“つまみ”とのこと。

関東人と駿河人、おでんの感覚はちょっと違う。
駿河人のおでんはソウルフード、主食にもおかずにもおやつにも

おでんやさん=駄菓子屋さん、なので学校帰りの子供の憩いの場。
狭い店内には、10円玉のレトロなゲーム機や、古ぼけたピンボールも。
数十円の小遣いを握りしめて、おでんor駄菓子orゲーム、みんな真剣に

コンビニ全盛の昨今、あの頃のおでんやさんは今もあるだろうか。

家内:おでんって、結局なんでも魚のすり身よねぇ~。
“いや、それぞれ個性と美味しさが・・・・orz”

黒はんぺん、つみれ、ごぼ天、なると、こんにゃく、巾着、モツ、玉子、
それから出汁の滲みた大根・・・・だし粉と味噌だれをかけて熱々を^^*
我が家の食卓に、しぞ~かおでんアゲイン!


 「安全サポート」
2017年10月18日 (水) | 編集 |
ネコの首に鈴、的な

・・赤信号手前で減速中に、前の車がピョンと飛び跳ねた(@_@)

恐らく、自動ブレーキが作動して、急制動がかかったのだろうと想像。
同時に、衝突を免れたドライバーは、さぞやホッとしただろうとも

自動ブレーキ等の安全サポート機能、
国はサポカーと称して、2020年に新車の90%への搭載を目指している。

個人的には、サポート装置はあくまでサポート、
装置に頼りすぎるのは危ないかな、と思うけれど、
目の前で衝突が回避されたのを見て、違う考え方もあるのかも、と

例えば、今回の自動ブレーキ、
搭載車の安全サポートとして働いた一方で、
周囲のドライバーにとって、“危険なクルマの発見装置”だったかと

その後、飛び跳ねたクルマは厳重警戒車両
周囲が、十分に距離を置いたことは言うまでもない・・・・


 「神無月」
2017年10月17日 (火) | 編集 |
二十四節季の霜降は10/22ごろ、立冬は11/7ごろ、まだチト早い

・・週ごとに、9月の気候と、11月の気候が入れ替わり立ち替わり。
天候がネコの目のように変わるのが秋の候とは言え、
今年は何だか極端に過ぎる気が・・・・、10月ガンバレ。

昨日は12月初旬の寒さ、一方で南方では台風が発生
台風の進路次第では、来週は再び夏日も、とのこと。
身体がついていかない、汗

全国の神様が出雲に集合で、各地の神様はお留守中。
神無月の天気が荒れるのは、天候の神様もお出かけするからだとか・・・・。

冷たい雨のなか、出したばかりの冬用ジャケットの襟を合わせながら、
暖かいおでんと熱燗が恋しいなぁ、と独り言


 「犬も食わない」
2017年10月16日 (月) | 編集 |

・・ボタンの掛け違いで冷戦状態
互いの言い分、理解はできても、引くに引けないこともある。

とは言え、冷戦状態が長引くのは、どうにも居心地が悪い
どちらともなく歩み寄るのが我が家の常、今回はどうしたものか。

“今晩は、お父さんが特製〇〇〇作ってやろうかな~”
子供:やった~!
“材料はあったかな~・・・・”
家内:・・・・・・・・、ニンジンはあるから買わなくていいよ。

作戦名:子はかすがいm(__)m


 「傘」
2017年10月13日 (金) | 編集 |
ひと雨ごとに秋の深まりを感じる昨今

・・スーパーの出入口に、いつの間にか“貸し傘”コーナーが

ご自由にお使いください
ご用が済みましたら返却ください、とのこと。

秋の空は大気も不安定。
買い物中に土砂降りになって、駐車場の車までずぶ濡れになることも

有難い心配りだなぁ、と思う一方で
駅やコンビニの貸し傘が、返却率の悪さから廃止になった話もよく聞く。

思いやりと良心に支えられたこの取組み、長く続けばいいな。
と、小さな女の子とお母さんらしき親子連れ。

女の子が、“ありがとうございました”、と傘を返却

微笑ましい光景に、
うん、これなら大丈夫、と思わずホッコリ