「成人年齢」
2018年06月21日 (木) | 編集 |

大人ってなんだろう

・・成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法、
先週の国会で成立し、2022年4月1日から施行されることになった。

法律上の成人年齢とは、
単独で法律行為が行えるようになる年齢のこと

社会的には、身体的・精神的に十分に成熟する年齢のこと
この歳を過ぎると “大人” と呼ばれる。

孔子曰く:
三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る。

村上春樹さん曰く:
自分が本当にやりたいことなんかそう簡単に分かるものではない。
30までは色んなことをやって、30になってから人生の進路を決めればいい。

法律は兎も角、“大人” の捉え方は十人十色
自分だって、精神的に成熟した “大人” なのか恥ずかしながら覚束ない

ただ、歳を重ねて、雑多な毎日を過ごしていると、
ふと、“童心” を忘れている自分に気付くことがある。
素直、正直、初心、etc.、“童心” は大切なことを気付かせてくれる

“大人の心” しか知らない “大人” はつまらない、とも思う。
世知辛い世の中でも、“童心を抱きながら生きる大人” でありたいと思う


 「夏至」
2018年06月20日 (水) | 編集 |

ジメジメを乗り越えて、夏に至る

・・冬至・春分・秋分に比べると、ちょっと存在感が薄い夏至の日。

一年で最も昼間が長いとは言え、
梅雨空の下では余り恩恵を感じないからかも

冬至に南瓜(かぼちゃ)を食べるように、
夏至には冬瓜(とうがん)を食べる習慣がある

関西ではタコ、福井では焼きサバ、香川ではウドンを食べる習慣も。

いっそコンボ狙いで、冬瓜のそぼろ餡かけウドン、とかいいかも
焼きサバの押し寿司とゲソ天を添えて~^^#

追伸:
侍ブルー、大舞台で冷静な試合運び。平均年齢が高い分、経験値は伊達じゃない。
グループHは四つ巴の混戦、次が事実上の運命戦、この勢いでチェスト!気張れ!


 「地震・雷・火事・云々」(七拾八)余震に注意。
2018年06月19日 (火) | 編集 |

被害が連鎖・拡大しませんように

・・昨日の早朝に発生した大阪北部を震源とする地震。
どうか、被害が最小限でありますように。

有馬高槻断層帯の近傍で生じた内陸直下型地震。
阪神圏の地下は、熊本と同様に内陸活断層の密集エリア。
上町断層など周辺断層を刺激して、大きな地震を誘発しませんように。

プレート型地震の前には、内陸断層の活動が活発になるとも言われる。
今回一連の地震が、プレ南海・東南海トラフ地震となりませんように。

世界の陸地面積の0.1%の島国に、世界の地震の10%が集中する地震国日本。
常に地震に対する備え、心の準備を大切に。

被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。


 「炙り出し」
2018年06月18日 (月) | 編集 |

浮き出た文字は “ナマケモノ”

・・梅雨の晴れ間に、えいやっ、と家内の車を洗車
暫くサボっていたので、保護コーティングを丁寧に三時間作業

洗車って、結構な全身運動なので、身体のあちこちが筋肉痛。
痛むのは普段使っていない部分、日常の怠け具合が一目瞭然に

今回は、全身がくまなく痛い気が
不健康と運動不足が露呈する、洗車という名の炙り出し、哉・・・・orz


 「食パン」
2018年06月15日 (金) | 編集 |

バタートーストに焼き海苔を載せると、意外に美味しい

・・店頭でいつもの六枚切りが売り切れなので、五枚切りを購入
食べてみると、大して厚さは変わらない筈なのに食感がもっちり。
これはアリかも~^^#

一般に、関東では六枚切り、関西では五枚切りが主流と聞く。
関東は “煎餅文化” で薄め、関西は “粉もん文化” で厚めを好むとか

食パンの枚数は、進駐軍がサンドイッチ用に好んだ八枚切りが始まりらしい。
その後、神戸屋さんが、パンの食感を強調するために六枚切りを広めたとか。

今はあらかじめスライスされた状態で店頭に並ぶ食パン。
子供の頃は、近所のパン屋さんで、枚数を指定してスライスして貰ったなぁ
耳の切れ端をオマケしてもらって、
家でカリカリに揚げて、砂糖をまぶして食べるのが好きだったっけ^^#

そう言えば、スライス過程で出来る筈の “両側の全面耳” の部分、
一体何処に消えているのだろう・・・・、
オマケでつけてくれたら嬉しいのに・・・・