「歯医者」(弐拾)空気。
2017年03月24日 (金) | 編集 |
運命共同体としての

・・崩壊した奥歯の治療に、再び歯医者へ

待合室に一杯の老若男女、ふと、ある空気に気がついた
待ち受ける試練を座して待つ集団。
言葉を交わすこともないのに、何だろう、この連帯感と親近感

小学生の時の集団予防接種にも似ているような

名前を呼ばれて診察室に入っていく患者さんと、それを一斉に見送る視線
この感覚って・・・・・・ドナドナ


 「できることなら」
2017年03月23日 (木) | 編集 |
ハクモクレンが咲く道

いつもなら 通学する学生が賑やかな道

“もしも できることなら この場所に 同じ時間に・・・・※”

卒業と入学のあいだ

ぽっかり空いた 特別な時間

最後の春休み

(※歌詞はhttp://j-lyric.net/artist/a000c13/l00f626.htmlより引用させて頂きました)


 「できれば」
2017年03月22日 (水) | 編集 |
道路の側溝には黄色い吹き溜まりが・・・・

・・もう何年も患っている花粉症
この時期、お天気予報の花粉情報コーナーはとても有難い。

でも時々、
黄色い杉の林から、大量の花粉がボワッと飛散する“お約束の映像”が流される。
目にするだけで顔中がむず痒くなるのは自分だけかな

リモコンのイジェクトボタンや、本棚に眠ったままの昔の教科書のように、
無くてもあまり困らないのなら、できれば遠慮したい“あの映像”

毎日の花粉情報が気になる身としては、
傷口に塩、死者に鞭、、、、暖簾にダメ押し・・・・・・・・お粗末様ですm(__)m


 「体重が変わる」
2017年03月21日 (火) | 編集 |
朗報、いや労報?

・・先週、つくば市にある国土地理院から発表されたハナシ。

“日本の重力値の基準を40年ぶりに改正

日本全国、緯度が変われば重力も変わる。
例えば、沖縄で1kgの金塊は、北海道では約1.5g(約0.15%)重くなる。

全国で重さが違うと困るので、全国各地のハカリは各々更正されている。
その基準になるのが、国土地理院が各地で観測している重力値

前回の基準から40年経って、地殻変動等で実際との乖離が大きくなったので、
このたび、最新の情報に改正することになったらしい

気になる重力値の変化は・・・・

“最大でマイナス1×10-5%程度(=0.00001%)”

体重60kgの人が、ヤブ蚊数匹分(約0.006g)軽くなるんだそうな

そうか、正月から体重が減らないのは、古い基準の体重計だったからなのか

って、ウチの体重計100g刻みだし・・・・
そもそも銀行の利息より僅かな変化とか、スズメ、いやヤブ蚊の涙・・・・(-_-メ)


 「600℃の法則」
2017年03月17日 (金) | 編集 |
この国に生まれてよかったと思うこと、そのひとつ

・・染井吉野が開花する目安。
2/1からの最高気温の累積が600℃を超える頃、桜前線が訪れるとのこと

厳冬の年は、少し早めでいっせいに
暖冬の年は、少し遅めでゆっくりと

今年は暖かかったから後者かな

こうした法則が伝わるのも、
桜の唄が多いのも、
日本人の、桜に対する思い入れの深さゆえ

華やかな桜模様が描かれた、期間限定の缶ビールを片手に
夜な夜なと、ひと足お先に夜桜見物

勿論、こちらはキリッと冷やして(^^♪